Relaxation Salon トリコリ

リラクゼーションサロン トリコリ 佐藤英彦

りらくる飯泉店で働いて6年、小田原鴨宮に整体のお店を開きました。もみほぐし+ストレッチのトリコリコース、おすすめです。

無事に産まれました! 妊婦編2

こんにちは。小田原鴨宮 リラクゼーションサロントリコリのさとう(れ)です。

 

長くなってきた妊婦編の続きです。今回もお店とは関係ない妊娠の思い出ブログ、しかも産まれる所までいきませんでした。

 

f:id:torikori:20211121051153j:image

 

妊娠中期から後期までは、トリコリの準備をしつつ、今年も例外なく夏の暑さにボロ負けし、会社では新しく入社した人への引き継ぎをするという3本立てでした。

 

胎動はよく描写されるみたいに、「わ♡動いた♡」となるかと思いきや、初期のモゾモゾ感が思ったより気持ち悪く、「お腹の中に別の生物が…」なんて話していました。私の母性、どこいっちゃったんでしょう。後半は無事「わ♡動いた♡生きてる♡」となりましたが初期はこのまま冷めた母になったらどうしようと少し悩みました。

 

こいとは最後まで逆子一徹で、これは頭だな?というお腹の丸みをなでるのが愛おしかったです。妊娠中はなんともいえない愛おしさが溢れると聞いていましたが、妊娠中よりも今の方が凹んだお腹をなでると、ちょっとばかり感慨深い気持ちになります。

 

そして妊娠中期より人生初めて出会ってしまったのが…インシュリン注射。こんにちは、大量の注射針よ。(きみはどうして自費なんだい??)

 

6月にブドウ糖負荷試験というサイダーを飲んで、飲む前・飲んだ後1時間・2時間の血糖値をはかる検査にみごと引っかかりました。看護師さんに栓抜きでサイダー瓶を開けてもらう新鮮さ、そしてサイダーおいC!なんて思っていたのに、突然の検査入院で奈落の底へ。

 

結果は昼食前は低血糖、昼食後と夕食後の血糖値が爆上げのため、インシュリンを打つことに。入院中、「入院食を頭にたたきこんで家でも同じような食事を!」なんて言われていましたが、8割ぐらい家で食べないおかず…。もともと食に興味がない方なので、「めんどくさ。それなら食べなくていいわい」と思ってしまいました。

 

つわりと糖尿病、実にややこしい組み合わせです。常に食べたい(菓子パン、アイス、サイコー!)な妊婦サイドと血糖値コントロールの糖尿病サイドとのせめぎ合い。産休中はずっと家にいるので、我慢なんてできないですね。インシュリンは食前に打つので、アイスも食事に含める計算で打つ、という大声では言えないやり方でなんとか乗り切れました。お煎餅は米なので食事です。低血糖になると公のルールで甘いものを食べれるので、午前中はニヤリ、としながらチョコも食べていました。

 

ホームランバーの当たり棒を集めつつ、退院したらシナボンを絶対食べよう、と心に決めた妊娠後期でした。

 

続く。

次あたりで産めそうです。